5S・CSR活動

5S活動

5Sの目的
  • 安全
  • 生産性の向上
  • 社会性認知

業務改善

生産効率を上げるため、様々な工夫をした業務改善を半期に1つ以上全員が報告をしています。ここでは優秀賞を獲得した改善をご覧いただけます。

大賞 プレートの整理整頓

問題点

今までは、ショット加工後のプレートを右図のように、床に積み重ねて置いていた。場所を必要とするとともに、プレートを置く際に指を挟む可能性があり、危険であった。作業位置が低く、腰への負担のため、腰痛が懸念されていた。

改善

右図のように、プレートを立て掛ける台を作成した。作業位置が高く、腰の負担が少なく指を挟むこともなくなった。3段に置けるため、場所の有効利用もできるようになった。量が多い物は今まで通り置く。

安全賞 クレーンストッパー位置の表示

問題点

橋形クレーンの設置に際して、ストッパーがあることを知った。そのうち、レールを挟んで締めるタイプのストッパーはバーを回転させるが、締めてあるのか力を入れて確認しなければ分からなかった。

改善

締めた時に上になるバーは決まっているので、そのバーに赤白テープを貼り、目視確認できるようにした。(遠くからでも分かる。)また、矢印テープで締める方向も分かりやすくした。
※注意点:緩めた時は、テープのバーは下の位置で止める。

アイデア賞 電動台車のリモコンケース製作

問題点

今までは、電動台車のリモコンを台車上や床の上に置いていた。整理整頓されず、つまずく原因にもなっていた。

改善

台車にリモコンケースを取り付けた。整理整頓され、カバーを付けたので雨水も避けられるようになった。

大賞 加工方法の改善

問題点

長さ700mm以下のサイコロはアームが干渉してしまうため、2アーク同時に溶接できなかった。

改善

2個のサイコロを連結することにより外側2か所、内側2か所をそれぞれ同時に溶接できるようになった。昼間でも2アーク機能を充分発揮できるようになり、単純に2倍の生産効率に繋がった。

優秀賞(1) 内ダイヤの高さ調整

問題点

今までは内ダイヤの高さを角パイプや角棒、板等で調整していた。

改善

工場内の廃材を利用して画像のとおり、ねじで高さを調整できる治具を製作した。回すだけで簡単に高さが調整でき、時間短縮につながった。下にコロが付いているため位置調整も簡単にできる。

優秀賞(2) BPL溶接位置決め治具の製作

問題点

柱をウマに乗せたままベースプレート(BPL)を取り付けることにした。BPLをクレーンで吊っているだけでは安定性がなく、取り付けづらかった。

改善

BPLを安定させるために、位置決めするための治具を製作した。台とジャッキにキャスターを取り付け簡単に位置決めできるようになった。

優秀賞(3) 折板受部の塗装

問題点

今までは、塗装するH形鋼に合わせてマスキング治具を選んでいた。H形鋼に合う治具がない場合は、新しく作成していた。

改善

H形鋼に合わせて塗装部を調整できる治具を作成した。どんなサイズにも使用でき、ひとつの治具で済むため邪魔にならない。また、軽量化にもなった。はね除けも付けたので、梁も作業服も汚さないで済むようになった。

スローガン

毎年12月に全員からスローガンを募集し、来年のスローガンを全員投票で決定します。
2019年鐵建スローガン
できない理由を並べるよりも 「やれる方法」を考えよう! 小さな改善 広がる未来
2019年安全スローガン
時間がない 焦る気持ちに迫る事故 基本に戻って 再確認

5Sパトロール

パトロール隊が工場内外・事務所等、敷地内を隅々までチェックします。後日、全員会議の際に、パトロール隊が指摘事項を報告します。1回の5Sパトロールで、毎回160~210項目の指摘事項があげられます。内、良かった点は約70~80項目。指摘を受けた関係者は、速やかに改善し、改善報告をします。

4月の様子

10月の様子

朝礼

毎朝ラジオ体操をした後、朝礼を行います。今日の報連相では、連絡事項や、業務改善の報告を行います。さらに、今日の作業内容では各部署から、作業員が進捗状況を報告し、情報の共有化をしています。

清掃

各工場の清掃は、毎日日替わりで掃除当番がそれぞれ床のスイーパー掛けとトイレ掃除を行います。週明けの朝は敷地内を全員で、清掃します。各自担当範囲が割り振られています。また、仕事をしていて作業に区切りがついた時も社員が自主的にスイーパーをかけて作業場をきれいにしています。

全員会議

毎月2回の全員会議を開催します。物件説明や、工場・現場の進捗状況を報告します。その他、実力アップ研修など社員のスキルを上げるための研修も行います。

CSR活動

工場見学

一期一会を大切に、来社していただいたお客様を笑顔でお迎えし、満足される見学となるよう努めています。
年度
実施回数
参加人数
2017年 30回 206名
2018年 38回 202名

近隣学校への技能サポート

地元の工業高校の人材育成プログラムに参加し、次世代を担う溶接技能者の育成に尽力しています。さらに、工業高校や産業技術専門校へ材料を提供しています。

その他

地域の行事に参加し、貢献しています。
サンマラソン共賛
山名八幡宮へ寄進
全国鐵構工業会製作ビデオ「鉄骨ガールと工場見学」
当社がモデル工場になっています❕ぜひご覧ください❕